ブログ

日米首脳会談結果について、安倍総理は予算委員会で説明すべし

今日、野党合同ヒアリングを行いました。テーマは、先の日米首脳会談の際の日米貿易協議に関する結果。

安倍政権は、これまで日米貿易協議に関して、TPPのレベルが最大限の譲歩だと述べてきました。これは米国とも共有していると。

ところが、今回の日米首脳会談の後の記者会見において、TPPのレベルが最大限かと安倍総理が問われ、それにいつもの通り答えていたところ、それに割って入るように、トランプ氏が「自分はTPPには縛られない」と喋り出しました。これはこれまでの日本政府の説明とは全く異なること。

それにもかかわらず、これに安倍総理はその場で反論することもなくスルー。なぜ安倍総理は反論もしなかったのかということについて、今日のヒアリングでの政府担当官の説明は、「このトランプ氏の発言は、米国がTPPに加盟していない事実を述べただけのものだと理解している」とのことでした。

あまりに苦しすぎる言い訳で、全く聞くに堪えませんでした。事務方は必死につじつま合わせの説明を探している風情。

真相は安倍総理が語るしかありません。予算委員会を開催してそこで答弁に立つことを逃げ回る安倍総理。日米首脳会談の際の真実を、安倍総理は予算委員会に出席して、国民に誠実に説明する責任があります。

PAGE TOP